※院長交代のお知らせ※
2019年9月30日をもちまして、
高野佳寿子院長が当クリニックを退任致します。
2019年10月1日より堀越翔が院長に就任致します。
診療時間等の変更に伴い、ご予約の際はご確認をお願い致します。
何卒、今後とも宜しくお願い申し上げます。

~代診のお知らせ~
令和元年9月21日(土)の午前の診療は担当医が不在の為、
医大からの代診となります。

~休診のお知らせ~
  ☆令和元年10月12日(土)11月16日(土)の診療は担当医が学会出席のため休診となります。ご迷惑をお掛けしますが、ご了承の程よろしくお願い致します。

 

診療科目

●心療内科 ●精神科 ●内科 ●リハビリテーション科

初めて診察を受ける方へ

初診受付について

初めての方はあらかじめ電話で初診の予約をしていただきます。

:024-525-3151

初診時にお持ち頂くもの

  • 健康保険証…お忘れないようご注意ください
  • お薬手帳…現在服用中の薬がわかる物をご持参ください。
  • 紹介状…他医療機関からの紹介状がある場合はお持ちください。

診察の流れ

駐車場はクリニックの後ろ側にあります、ほりこしパーキングをご利用ください。

診療時間

診療時間
9:00~12:30
(受付12:00迄)
14:00~18:00
(受付17:30迄)
13:30~
15:00

【月曜日・火曜日・木曜日】
午前9:00~12:30 (受付終了12:00) , 午後14:00~18:00 (受付終了17:30)

【水曜日】
午前9:00~12:30 (受付終了12:00) 

【土曜日】
午前9:00~12:30(受付終了12:00), 午後13:30~15:00 (受付終了14:30)
※診療の状況によって待ち時間がかかる場合がございます。

【休診日】
金曜日、日曜日、祝祭日

このようなことでお困りの方へ

心の病気は3つのあらわれ方をします

  • 「心の症状」・・・不安やゆううつ気分、意欲の低下、物事を悪く、あるいは悲観的にとらえる考え方
  • 「体の症状」・・・頭痛、不眠、めまい、動悸、呼吸苦、食欲低下
  • 「行動の症状」・・・仕事に行けない、人との会話を避ける、乗物に乗れない、手首を傷つける、引きこもりなど

以上の中には誰でも多少経験したことがある症状もあると思います。
そのため、そのうち良くなるだろうと考えたり、周りに相談しても気にしすぎ、考えすぎと言われたり、逆に励まされたりするかもしれません。実際、知らないうちに解決してしまうことも少なくありません。
ところが、場合によってはこれらの症状がなかなか良くならず、ひどい苦痛を伴い、毎日の生活に支障を来すことがあります。つまり、日常的な仕事や役割を果たすことが出来なくなったり、楽しみを楽しめなくなったり、何よりも毎日が苦痛に充ち溢れている状態になることがあります。このような時にはあまり我慢を続けず、専門機関を受診することをお勧めします。

診察の結果、必要があれば治療を受けることになりますが、その治療の方法には3つの方法があります

  • 休養をとること
    これには仕事を休む必要がある場合から、周囲のちょっとした手助けがいる程度まで状態に応じて様々です。
  • 薬を使う方法
    心に効く薬というと不安に感じる方も多いと思いますが、その薬が開発されて実際に治療できるようになるまでには多くの試験があり安全性は確立されています。ただし、副作用のない薬はありませんし、体の病気や現在服用中の薬がある場合には注意が必要です。
  • 一緒に考え実行していく方法
    病気や治療についてよく理解した上で、症状や日常生活上の問題に対してどのように対処していくかを一緒に考え実行していく方法です。

以上の3つの方法を組み合わせて行うわけですが、残念ながら症状の改善に時間のかかる場合も少なくありません。ゆっくりでも少しずつ症状が改善して本来の生活ができるように、根気強く治療を続けてほしいと思います。