理念

私たちは、現代社会における心と身体の特性を理解し、

患者さんとそのご家族の状況を真摯に受け止め、

地域社会の中で最良の医療を提供できるよう、

ひとりひとりの人間力を高める努力をし、

環境を整えます。

 

理事長ごあいさつ

 新春のお慶びを申し上げます。
平素は温かなご支援を賜りまして、誠にありがとうございます。心より感謝申し上げます。

今年は新元号となる大きな節目の年に当たります。
前理事長が開設いたしました弊法人にとりましても、また、節目の年であり、秋には新しい世代にバトンを渡す年となります。

心の病の方々を通院で治療する事に拘り、その遺志を継承し、次の世代に渡すこと、また、東日本大震災の折、医療機関はいつも地域のために存在し診療をし続けてこそ地域医療であると強く感じたことを胸に刻み歩んでまいりましたが、これらのことを最後まで医療に向き合う芯として持ち続けたいと存じます。

現在、弊法人は心療内科、精神科、リハビリテーション科を掲げるほりこし心身クリニックと呼吸器内科、アレルギー科を主とする上野寺内科クリニックの2か所の医療機関が専門分野にて取り組み、時に連携し、医療の質を上げる努力をいたしております。
上野寺内科クリニックにおきましては、定期訪問診療も徐々に依頼者が多くなり、高齢者のターミナルケアのサポートに微力ながら今後も力を尽くしてゆく所存です。また、春と秋に実施しておりますミニ講演会も次回は5回目を迎え、皆様の健康長寿にお役立て頂けましたら幸いです。

社会の変化が著しくはやく、医療におきましても数年先も予測ができない状況ですが、今後とも患者様が主役である医療を担うべく、法人一丸となり、チームとして良質の医療をお届けできますよう精進してまいりたいと存じます。
今後ともご指導、ご鞭撻のほど、よろしくお願い申し上げます。

理事長ごあいさつ