ごあいさつ

平成28年4月より、当院に勤務することとなりました高野佳寿子です。

私は平成7年福島県立医科大学卒業後、神経精神医学講座に入局し、その後、寿泉堂松南病院、福島赤十字病院、双葉厚生病院等に勤めました。この間、東日本大震災を経験しました。

この大震災は、私に、どんなに安定した社会や環境のもとで平和な日常を送ってきたかを教えてくれました。そして、生きて生活することや、社会や環境が変わっても自分で考え、進む道を選び、決断することの意味を考えるきっかけを与えてくれました。

震災に限らず、私たちは様々な危機に直面しますが、これに立ち向かう気力や体力が十分にないと、空回りしたり、思い悩んで立ちすくんだり、時にはかえって事態を悪化させてしまいます。困難な状況のときには、身体の健康と同じように精神面での健康も大切です。私は精神面での充実や安定をはかって、よりよい判断や選択が自身で出来るようにお手伝いできればと考えています。そして、直面している困難や問題が好転し、それぞれの人の幸せの道につながればと願っています。
今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

ほりこし心身クリニック
院長 高野 佳寿子